おもちゃ・ホビー アクセサリー

ホットフィックスデビュー☆ラインストーンとデコパーツで☆

こんばんは!キキちゃんです(^^)/

最近ホットフィックスが流行ってますね

ホットフィックスとは
ホットフィックスとは、アイロンや専用のアプリケーター(熱圧着器)を使って、ラインストーンやデコをお財布やバック、洋服に付けて、キラキラさせることです✩

キラキラグッズ大好き\(^^)/

ホットフィックスのデザイン☆

こんなのとか

こんなのとか

こんなのとか

こんなのとか

地味なグッズがたちまちキラキラかわいく変身

キキちゃんはキラキラしたものが大好きだけど、お店で買うと高い(+_+)
超キラキラなスカルTシャツで1万円以上したりするから、自分で作りたい
と思って、思い切ってホットフィックスデビューすることにしました\(^^)/

ホットフィックス専用のおすすめのアプリケーターを買う☆

ラインストーンやデコを接着するために、ホットフィックス専用のアプリケーターかアイロンでするのですが、広い範囲はアイロン、一粒一粒のときはアプリケーターが良いみたい。

ホットフィックス専用のアプリケーターを調べてみると、商品によって温度があまり高くならなくて、接着が弱いみたい。

このアプリケーターはホットフィックス専用ではなくはんだ(はんだこて?)みたいだけど、高温になって一番良いとレビューでおすすめされてました✩

なので、ほかのホットフィックス用のアプリケーターのレビューを見て、一番高評価だったこれを買ってみました✩

めちゃくちゃ安い
1,400円

ホットフィックス専用ラインストーンとデコパーツを買う☆

続いて、ホットフィックス専用のラインストーンとデコパーツを買っていきます
ホットフィックス専用と書いてあると、接着剤が付いている商品になります。
書いてない場合は接着剤が付いていないので、自分でボンドで貼り付けます。

初めてで勝手が分からないから、見た目がかわいいものを買っていきます

まずはデコパーツ
めっちゃかわいいキラキラハンドバック
これはなにもついていないのでボンドで張ります。

続いてキラキラ香水
かわいー
これもボンドで貼る用です。

キラキラ唇
とってもかわいい
これもボンド

続いて、ここからはホットフィックス専用デコです。
アイロン接着と書いてあるので、接着剤が付いているタイプとゆー意味です。
唇や香水からの流れでまつ毛
セクシー路線になってきました

これもアイロン接着と書いてあるので接着剤付きです☆
これもセクシー路線です☆

これもホットフィックスと書いてあるので接着剤付きです。
これは路線が変わってしまったけど、キキちゃんの大好きなスカルなのでほしいです

これはラインで貼るように買います。
通常、一列貼りたいとき、一粒ずつ貼っていかなければいけなくて超めんどくさいけど、これは列ごとにハサミで切って、一気に貼れるので、かなり便利です

商品到着\(^^)/

到着した商品はこちら(^^)/

まずはアプリケーターとデコボンド。
アプリケーターは接着剤がすでに付いているホットフィックス専用デコに、デコボンドは接着剤が付いていないデコに使います。

続いておまけ。
これで練習できて良かったとレビューに書いてありました。

そしてデコパーツとホットフィックスデコシート
かわいー
キラキラ

ホットフィックスの作り方&やり方☆

キキちゃんは練習とか面倒くさいからいきなり本番タイプですが、今回はこのおまけのストーンで練習することにしました。

なぜなら・・
はんだを温めると・・湯気が出てきたのです∑(0△0)
こわい・・(꒪⌓꒪)
(置台がついてきました✩逆になかったら置いた場所なんでも溶けちゃうのでは)

一体何℃(*_*)
レビューを見てみると、Tシャツが溶けちゃったとか、焦げちゃったとか、持ってるだけで熱いとか、めちゃくちゃこわい(꒪⌓꒪)
でも練習して慣れたらこのはんだが一番おすすめみたいなので(*_ _)

だから練習が大嫌いなキキちゃんも、潔く練習をする気になったのでした。

練習とはいえ、せっかくキラキラストーンが付けられるので、まだ新品のお気に入りのクロミちゃんハンドタオルに付けることに

ストーンを付けたい場所に置いて、上から直角にはんだを当てるのですが・・こわいレビューいっぱい見ちゃったせいか、はんだを持つ手が震えます・・(*_*)ぶるぶる

やってみて思ったのですが、タオルだと、はんだを押すとストーンが沈んで、はんだが生地に付いてしまいます。
なので、直角に当てずに角で押しました。

付いた
5個付けたら慣れました
外れなそうです

クロミちゃんラインストーンがとっても似合う(*´-`*)
さらにかわいくなった
わーい\(^^)/

それでは・・本番です(*_*)

家にある一番地味な小物をかわいくデコってみます。

まずはラインストーンで囲います。
これはカットして使うのですが、一気に張るより1列ずつカットして使ったほうが出来上がりが良いと商品ページに書いてあります。

なので1列ずつハサミで切ります。

ではこんな感じで張りたいと思います(^^)/

まずは仮止めみたいにところどころをはんだで押して、ストーンの下についている接着剤をちょっと溶かしていきます。

全部仮止めが終わったら最初から少しずつはんだで押していきます。
接着剤が溶ける様子が分かるので、溶けたら次に進みます。
このストーンは小さいので2粒ずつ進みました。

1列完成しました(^^)/

途中で終わってしまってますが、面倒なのでこれで良しとします。
続いて列を増やしていきます。
5列くらいいけそうです。

終わりもバラバラになってしまいました。
でも面倒なので、これで良しとします。
なんならこーゆーデザインもあるみたいな。感じになったらうれしい。

ホントはラインストーンをもう少しやったほうがキラキラするし派手になって好みだけど・・面倒なのでラインストーンは終わります。

つぎに(^^)/
かわいいデコグッズを張ります
裏に接着剤がなにもついていないのでボンドで張ります。

かわいい(・▽・)
しかもボンドで張るだけってめちゃくちゃ楽\(^^)/
ラインストーンは1個1個はんだを押していくのでそれに比べたらめちゃくちゃ楽です
あと10個くらい貼れる楽さです\(^^)/

では裏にいきます。

ホットフィックスデコシートが2つあるので、それを張っていきます。
ホントはラインストーンも足したいけど・・やる気が起きません。
入学したてなのにもう卒業。

ホットフィックスデコシートのやり方を見てみると、シートをはがさずに上からアイロンで押すそう。
生地によってはあて布をするそう。
アイロンはまだ未経験だったので、1粒はんだで試してみようと思って、あて布してはんだで押したら・・シートが溶けちゃった(꒪⌓꒪)
あて布もなんだかすごい変になっちゃった(꒪⌓꒪)

うそー(꒪⌓꒪)と思って説明見直してもやり方あってる(> <)
もしかしてはんだが高温すぎるの??
と思って、恐る恐るアイロンでやってみたら・・
成功したー\(^^)/

はんだって何℃なの(꒪⌓꒪)
怖くなって調べてみたら・・
アイロンは150℃、はんだはなんと300℃!
それははんだがなんだか様子がおかしいワケだ。

ホットフィックスデコシートのシートははんだこてでは溶けてしまうのでアイロンじゃないとダメみたいです。

さて、とりあえず完成しましたわけだけど、デザイン的には、なんだか悪趣味なお財布になってしまいました。

あんなに面倒くさかったラインストーンが、実はないほうが、意外とかわいい?

だってスカルとハートの側は、結構かわいい♡

シンプル過ぎ?かと思ったけど全然かわいい♡

そして、デコパーツは素材が金属なので、1個ずつが重い(*_*)
なので重いお財布に(*_*)

なので結論!

ホットフィックスデコシートだけで良いかも!

そしたらあて布してアイロンするだけでつくし、めちゃくちゃ簡単で時間もあっとゆー間

なので次回からはホットフィックスデコシートだけでやっていこうと思います(_ _)

-おもちゃ・ホビー, アクセサリー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 キキちゃんのファッションノート Powered by AFFINGER5