ビューティー

DaiGoさんの【酵素ダイエットの嘘】野菜は生の方が栄養多いの嘘

こんにちは☆キキちゃんです(^^)/

今日は、DaiGoさんの気になったYouTube見てきます☆

その名は☆酵素ダイエットのウソ☆

酵素ってめっちゃ流行ってますよね!体の中がキレイになるイメージ☆そしてダイエット☆芸能人が40キロ痩せたり(*_*)

そんな酵素、科学的に知りたい

とゆーわけで早速☆見てこー(^^)/

DaiGoさんの【酵素ダイエットの嘘】野菜は生の方が栄養多いの嘘

 

ローフードダイエットとゆー生の食べ物ばかり食べるダイエットがあるそうです。

生で植物を食べると100%栄養を摂ることができるとか、酵素ジュースみたいに生だと酵素までできるとゆーひとがいます。

結論からゆーと、DaiGoさんはローフードダイエットをおススメしません。

ふつうのひとがしても健康効果は得られないし、逆に健康被害が起きる可能性も高くなってしまうからです。

もちろん生野菜を食べるのはとても良いことだけど、加熱して食べたほうが良い野菜もあります。

今回、DaiGoさんがローフードダイエットの闇をいくつかのポイントから解説してくれました。

大事なのは、バランスよく食べることです。

食材によって栄養価が高くなる調理法がありますが、そうすると食材ひとつひとつに対して結構な知識が必要になります。

なので、単純に生ものを食べるとゆーローフードダイエットは全くおススメできないそう。

ローフードダイエットは数年前にセレブの間で流行ったけど、食材に熱を加えると酵素が含まれてる栄養素が減ってしまうから生で食べたほうが良いとゆー発想だったそうです。

加熱すると栄養が減るとは一概に言えない

ひとつめのポイントとして、加熱調理すると栄養が減るとゆーのは間違っているそう。

加熱することによって減ってしまう栄養もあるけど増える栄養もあるそう。

だから、食材によって考えなければいけないし、その食材からどんな栄養を摂りたいかで加熱か非加熱か考えるべき。

たしかにビタミンCは加熱調理すると減ってしまいますが、加熱すると増える栄養素もあります。

例えば、ニンジンやさつまいもに含まれてるカルチノイド。

カルチノイドは抗酸化作用がとても強く、肌をキレイにしたり老化を防いでくれるそう。

美容やアンチエイジングに興味があるひとは、カルチノイドが大切とゆってるひとも多いそう。

このカルチノイドは、実は加熱したほうが増えるそうです。

なので、ニンジンからカロチノイドを効率良く摂りたかったら、生のスティックを食べるより、加熱して食べたほうが良いと言えます。

ほかにも、生のトウモロコシと加熱したトウモロコシを比べた実験では、加熱したトウモロコシのほうが抗酸化能力が50%もアップしたそうです。

なので、トウモロコシの抗酸化能力に限ってゆーと、1.5倍も効率良く栄養を吸収できるとゆーことです。

アンチエイジング効果を期待してトウモロコシを食べるなら、加熱して食べよう!

ニンジンも、2003年に行われた実験で、生のニンジンと加熱したニンジンを比べると、加熱したニンジンはベータカロチンの吸収率が10%~20%高くなったそうです。

栄養の量だけじゃなくて吸収率も変わる

これは栄養学の難しいところですが、その食材に含まれてる栄養がどれくらい吸収されるかとゆー問題もあります。

たくさん栄養が含まれててもそれを吸収できなかったら意味ないです。

つまり、加熱して栄養が減っても、吸収しやすくなるなら、加熱したほうがいいとゆーことになります。

これはサプリにも当てはまります。サプリも吸収効率を考えなければいけないそう。

例えば、菜食主義のひとは肉に含まれるビタミンB12が足りなくなるのでサプリで補ってるひとも多いですが、ビタミンB12をサプリで摂ると、ガンの発症リスクが高くなったり、骨が折れやすくなってしまうとゆーデメリットがあります。

なので、足りてない栄養素をサプリで摂るのは、お医者さんからの指示とか、実験で安全性が確かめられてるものじゃないとおススメ出来ないし、食材から摂れる栄養素は食材から摂ったほうがいいとゆーのは間違いないです。

ちなみに、1995年に行われてたほうれん草の研究によると、生のほうれん草と加熱したほうれん草を比べてみると、加熱したほうれん草を食べたあとのほうが、血中のベータカロチン量が3倍も高くなったそうです。

もちろんほうれん草にはほかの栄養素もたくさん含まれてますが、ベータカロチンの効果を考えるなら、加熱したほうれん草を食べたほうがより効果を得られます。

DaiGoさんは、ベータカロチンのメリットも得たいしそれ以外の栄養素も効率良く吸収したいから、生のほうれん草と加熱したほうれん草を半々くらいで食べるよーにしてるそうです。

極端なダイエットは健康のための複雑な要素を見てない

ローフードダイエットに限らず、これだけ食べればいいとか、これは絶対食べちゃダメとかゆー極端なダイエットは、このような複雑な論議や考えを見ないよーにしてるそう。

これだけしとけばOKとゆーのは、ビジネスでは重要なときもありますが、人間の体や栄養学に関してはとても複雑で、そんな簡単に区別できません。

栄養素も、生のほうがいい場合もあれば加熱したほうが増える場合もあり、さらに吸収率も加わってくるので、一概に生がいいとも加熱したほうがいいとも言えません。

なので、ポートフォリオ的に半々くらいで食べたほうがいいそう。

トマトも、生のトマトと加熱したトマトを比べると、加熱したトマトのほうがとても強力な抗酸化作用があるリコピンが増えるそうです。

自分がどんな栄養素を摂りたいのか、どんな食材を使うかを考えると、加熱した食材と非加熱食材両方使ったほうが、健康効果が高いのです。

健康的に痩せることが大事

取り扱いが難しいとゆーこともあって、ローフードダイエットによる健康被害が出てるそうです。

今回はローフードの不利なデータを扱ってるので、体重を減らす効果が高かったり、高血圧や高コレステロールが改善したりと、良い効果のデータもあるそう。

なので、一概に一切ダメとは言えないけど、生と加熱両方食べたほうが良いんじゃないかとゆーことです。

ですが、ただ痩せればいいだけじゃなくて、健康的に痩せることが大切なはず。

相当な知識を持って行わないとローフードダイエットは栄養のバランスが悪くなってしまい、健康被害が起きやすくなってしまいます。

たとえば、1999年に、500人以上のローフードダイエッターを対象に調査したところ、露フードダイエット歴が長い女性ほど生理が止まりやすいとゆー傾向が確認されたそう(*_*)

つまり、栄養が偏ってホルモンバランスがおかしくなってしまいやすくなるそう(>_<)

また、人数は少ないけど、2005年に18人のローフードダイエッターを調査したところ、歴が長いひとほど骨密度が低くなってたそう(*_*)

さらに、2005年の研究で、長期間全体のカロリーの7割をローフードで摂ると、善玉のHDLコレステロールとベータカロチンの量が減ってしまうとゆー結果が確認されたそう。

善玉コレステロールやベータカロチンは体に大切なもので、これらが減ってしまうと、健康被害につながってしまうこともあるそう。

ローフードダイエットは万人におススメできるか微妙

ローフードで栄養を保てるひともいるでしょう。

食材や調理法に対して知識をすごい持ってて、ローフードでは摂りにくい栄養素を補うために自分で食材を考えれたり、自分の体調から考えてどんな食材を増やすべきなのか、すごい高いレベルで考えれないと、ローフードで健康バランスを取ることはとても難しいみたい。

これは、ベジタリアンやヴィーガンのひとも同じで、人間が雑食なのはたくさんの栄養を取り入れてバランスを取るようにできてるからだそう。

それが野菜でもハンバーガーでも偏ることは体に悪いそう。

なので、適切なバランスを取ることが大事なのですが、それは、いろいろな種類の食材をふだんから食べるよーにしてれば、ある程度は自然とバランスがとれるそうです。

食べるものを生にするとか野菜にすると制限してしまうと、相当な覚悟と知識を持ってないとできないので、万人におススメ出来ません。

菜食主義など、自分の主義として行うのはOKですが、栄養が偏ると問題が起こるとゆーことです。

酵素ダイエットは効果があるのか?

酵素ドリンクや酵素ダイエットが流行ってます。

生の食材には酵素があって、その酵素を取り込むと体が健康になるとゆーひとがいますが、それはムダだそう(・_・;)

そもそも、酵素が体にいいとゆーことが科学的に証明されてないそーです(*_*)

食材から取り入れた酵素とゆーのは、胃の中で分解されて、アミノ酸になります。

なので、いくら低温調理したり生の食材や植物を食べても、それは胃の中ですべて分解されて、アミノ酸になってしまうそう。

なので、酵素を意識して食べるなら、プロテインを飲むのと一緒です。

酵素をわざわざ意識する必要はありません。

バランスの良い食生活が大事!

まとめると、バランスの良い食事が大切だそう。

肉やたんぱく質も摂ったほうがいいし、同時に野菜はしっかり食べたほうがベター。

現代人は特に野菜が不足しがちですが、野菜は食べれば食べるほど体にいいです。

1日800gくらいはいろいろな野菜を組み合わせて食べるようにしましょう。

そのうち半分~7割くらいは生で食べて、残りは加熱して、上手に組み合わせます。

野菜の栄養についてひとつずつ考えるとかなり難しいしきりがないから、ポイントは、量をしっかり食べることと、たくさんの種類を食べることの2点です。

ちなみに、コンビニで売ってるカット野菜は栄養がないから食べる意味がないとゆーひともいますが、食べないよりは全然ましだそう。

栄養化も、オーガニックでもオーガニックじゃなくてもそんなに差がないそう。

例えばオーガニック野菜が500円で、オーガニックじゃない野菜が250円だったら、健康を求めるならオーガニックじゃない野菜を倍買ったほうがいいそう。

なので、お金に余裕があったりオーガニックが好みならいいですが、そうじゃない場合、量を優先したほうがいいそう。

体の炎症を抑えてくれるおススメの食材

食材に関する知識は結構難しく、栄養学の知識が必要だったり、料理方法も必要になります。

さらに、吸収率の問題もあるので、奥が深いです。

そんななかで、食べたほうがいいものは何なのか分かりやすくゆーと、体の炎症を抑えてくれる食材だそう。

食べると体内の炎症を抑えて、老化を防いで、肌をキレイにして、免疫力を高める食材なら日々食べたほうがいいそう。

まず日々食べるものを決めて、さらにほかに食べるものを幅広くいろいろと追加してけば、バランスよく健康的に食生活を送ることができます。

そんな体の炎症を抑えてくれる食材についてのDaiGoさんの記事はこちらです(^^)/

DaiGoさんの美肌になる上に痩せる【究極のスーパーフード】

こんにちは☆キキちゃんです(^^)/ なんか今年の冬は乾燥してるのか?声もまったく出なくなっちゃったし、肌もめちゃくちゃ乾燥する(´・ ・`) 病院でもらってるアトピー用のヒルドイドローションベタ塗り ...

続きを見る

最新の研究をベースに、飲み物から野菜やフルーツまで紹介されてます。

肌をキレイにするとゆー観点からも、高級化粧品を一生懸命使うよりも体の内側から健康的になることを考えたほうが効果的。

肌がキレイになるとゆーことは、女性はもちろん男性から見たときに魅力的になるからもてるようになるそう。

男性も肌がキレイなほうがいいですが、男性はモテるのではなく、健康的に見えて、能力が高く見えるそう。

それだけで昇進スピードが速くなったり、起業家だったら投資家からお金を出してもらいやすくなるとゆーメリットが確認されてるそう。

特に社会に出て自分の力で稼いでいきたいと思ってる男性は、スキンケアを考えたほうがいいそう。

健康的な生活のためにおススメの本

DaiGoさんおススメの体調を良くするためのおススメの本2冊はこちらです。

集中力から仕事の効率まで高めてくれる本と、

体形別や食生活に応じて、どのような運動や食事を心がければいいかを具体的に教えてくれる本です。

created by Rinker
¥1,430 (2021/05/11 17:36:51時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

酵素ダイエットが気になって見てみたけど、野菜の食べ方が知れてよかった\(^^)/

キキちゃんは冷凍野菜をめっちゃ食べるんだけど、それでも大丈夫な模様☆

今回を参考にして、バランスよい食事を摂っていこーと思います☆

-ビューティー
-

© 2021 キキちゃんのファッションノート Powered by AFFINGER5